「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

アラーの神がみなさんに慈悲であるがごとく、彼らにも慈悲深く接することである。

アラーの神がみなさんに慈悲であるがごとく、彼らにも慈悲深く接することである。

アラーの神がみなさんに慈悲であるがごとく、彼らにも慈悲深く接することである。

パレスティナ、シリア、リビヤ、ミャンマーや他の侵略国が、わが同朋を非常に困難な状況に追い込んでいます。

パレスティナ、シリア、リビヤ、ミャンマーや他の侵略国が、わが同朋を非常に困難な状況に追い込んでいます。その同朋の多くは、家もなく、厳しい冬にさらされている。

シオニストたちは、上記の国で権利を主張しながら、わが同朋を苦しめている。例えば、リビヤでは、弾丸が雨あられと降ってきており、イラクでは、四半世紀にわたって、抗争がつうづいており、死者は数百万人にも達して、数多くの未亡人や孤児が残されています。アフガニスタンは、40年にもわたる混乱の中で、すっかり荒れ果てています。わが同朋は、山中でアサド政権やロシア軍の砲弾に抗戦しています。

不当な勢力に立ち向かっているわが同朋がこれからの厳しい冬の生活への支援をしていただけるでしょうか?

わが同朋に、心温まるご支援をおねがいします。

シリアから避難したわが同朋が厳しい冬を乗り越えられるように、ぜひご参加ください。例えば、毛布や電気ストーブ、食糧など生活必需品を提供してください。

ヤルヅムエリ協会のゼネラル・コーデイネーターはオスマン・イルハンは、わが国やシリアにいるシリア人に援助の輪を広げ、厳冬に立ち向かえるようにすることの重要性を力説した。

オスマン・イルハンは、演説で断言した。 不当な勢力は、シリア問題にも、我関せずとしたがって、わたしたちは250万人ものシリア人に援助の手を差し出しました。数百万のシリア人が生き残るために、貧困や困難な状況に立ち向かっている。とてもひどい状況に置かれているのが現状である。彼はこうも言っています。「

危機に襲われた当初からずっとシリアの同朋に援助の手をさしのべてきました。」と述べた。冬の到来の前に、私たちは、シリア人の同朋と食料を共有しました。」厳冬において、彼らを温かい心でおもてなしをする。このような活動で、同朋の琴線に鳴り響いております。

いろいろな地域が大量虐殺の危険にさらされてる。

多数のイスラム国が大規模な殺りくに見舞われています。例えば、パレスティナ、ガザ地区、シリア、イラク、ミャンマー、リビアやアフガニスタンです。列強が私欲のために上記の国々を困難な状況に追い込み、その国民を集団殺りくの危険にさらしているわけである。

シリア人の同朋は、国内の抗争や戦争に危険にさらされ、アサド政権やロシア軍は民間の家屋はもとより、モスク、学校、病院を標的にして、空爆をおこない、

子供、女性やお年寄りを無残にも殺すために、リン爆弾さえ使われている。あまりにも不当に、このような無差別殺りくがおこなわれているのである。

イルハンは言いました。「ガザ地区やラマッラではパレステイナの同朋に不当な圧政がおこなわれました。」「無残にも、街中で小さいこども達が殺されています。」

リビヤでの戦闘がもとで、3つの国に分断されました。人種差別者の戦争は、四半世紀にわたって、続いている。数百万もの命が奪われ、同数の未亡人や孤児が残されました。不幸にも、戦争は40年も続き、その結果、アフガニスタンは廃墟と化した。最近では、トルコの山間地の同朋が、アサド政権とロシア軍から2重の総攻撃にさらされている。

このような人たちを援助するのは、イスラム教徒の使命である。

アルハンは、さらに言いました。「このような状況で、救いの手をさしのべる人たちに深く感謝しています。」とイスラム教徒の同朋が活動すべき時です。このような人たちを援助するのは、イスラム教徒の使命であると述べた。

ヤルヅムエリ協会として冬の準備活動キャンペーンを始めるにあたって、彼は述べました私たちはイスラム圏での多岐にわたる圧政・暴力にさらされている。とりわけ、シリアの同朋は戦争という災難に見舞われています。私たちは試練に立ち向かっている。アラーの神がみなさんに慈悲であるがごとく、彼らにも慈悲深く接することである。責任を全うして、自己を犠牲にして、難民たちに尽くせば、彼らはきっと生き残れます。

ヤルヅムエリ協会のゼネラル・コーデイネーターはオスマン・イルハンは、協会の本部にされたこのキャンペーンについてこのように、おっしゃっている。

全支部、ボランティヤ、81の町や民間団体の協力を得て、かくして、冬が来た。兄弟は寒く感じないように…の  キャンペーンは始まりました。困っている同朋を救う運動の大切さをアルハン氏は指摘している支部やボランティヤや店舗などすべてが協力して、善意の輪を広げましょう。そして、あらゆる地域の困っているイスラム教徒の同朋に援助の手をさしのべる。

まずは、イスタンブールやカイセリ・コンヤ・ブルさとシヴァスから、援助物資を積んだトラックが出発した。主要な支部の協力のもとに・・・81の難民収容地域へと毛布や暖房具が、ボランティヤや当協会の担当者によって届けられます。ハタユ、キリシ及び時にバユルブジャック の同朋へ届けるためである。私たちは、これからもこの活動を継続していく。

イルハン氏はおっしゃっています。「救援トラックはウルファやハタユ、キリシへも、赴くでしょう。」さらに、イルハン氏は協会への寄付金やその他の寄付に感謝しております

分け合う: