「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

バングラデシへ慈善橋

バングラデシへ慈善橋

バングラデシへ慈善橋

ヤルヅムエリ協会は、虐げられた人々及び貧乏な人に 手を差し伸べ、そして生執着するための動力に続いている。

ヤルヅムエリ協会は外国活動は続いている。

ヤルヅムエリ協会バングラデシュ、活動を実現されたところで研究することそして建設することは続いているダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエモスクの定礎式に参加するのに協会本社から取締役会員バングラデシュ責任者はメフメット・キョセ、協会ゼネラルマネジャーはバヒール・ブルット、対外関係責任者はムハンマド・チチェックは本国に帰った。

バングラデシへ慈善橋

バングラデシュは160ミリオンの人口で平方メートルの人数の最も国の一つである。国民の多くのはイスラム教徒であるバングラデシュの生活水準及び所得水準はとても低い。内国で公立学校では宗教教育はない。それに従って国の別々の地方に分布された多くの私立学校及び孤児院がある。

バングラデシュコックスバザールの町では2015年に定礎したダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエモスクの建設ははやく続いている。バングラデシュとアラカンから貧乏で孤児子供が教育するキュッリイエでは、学生達は小学校から大学までに援助されてそれぞれよく育てられるでしょう。建設は完成した後、平方1000メートル、4階、トタル平方4000メートルになって 使われるようになるキュッリイエが完成された部分で学生は教育をしている。

ダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエモスクの定礎された

ダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエモスクの定礎式では 協会本社から取締役会員バングラデシュ責任者はメフメット・キョセ、協会ゼネラルマネジャーはバヒール・ブルット、対外関係責任者はムハンマド・チチェック、バングラデシュで海外出張でいるİGİAD委員会、キュッリイエの学生達、地域住民の参加することで、モスク定礎式を行った。建設は完成した後平方300メートル土地であり、トータル3階平方550メートルになるモスクは、キュッリイエ学生及び地域住民は利用できるでしょう。

小さな手ら及び井戸

ヤルヅムエリ協会にとって一斉にバングラデシュで小さな寺および井戸プロジェクトもある。これに関連して地域住民が利用できる24つの小さな寺と153つの井戸がある。この井戸と小さな寺は協会の係員に訪問された。寄付者に電話され、寄付について情報を伝えられた。

バングラデシュへ新しい姉妹家族

姉妹家族とは我が歴史であるエンサルとムハッジル姉妹から生まれたプロジェクトである。姉妹家族プロジェクトはヤルヅムエリ協会の我が国及び世界の別々の地理で与えた手と取った手の間に慈善橋になるのに使用したプロジェクトである。このプロジェクトに関連してバングラデシュで300家族に援助している。この姉妹家族の何人かを訪問しお喋りした。与えた手姉妹家族に電話をかけて、取った手姉妹家族と話させ、状態について情報を伝えた。

チッタゴンイスラム教徒大学で教育している貧乏な15人の孤児学生及びマリネ・シティ―医学部で教育している貧乏な20人の孤児学生を姉妹家族プレジェクトでプロジェクトに含めた。

バングラデシュ大使館及びTİKAを訪問

我が委員会はバングラデシュ・トルコ大使館及びバングラデシュ・TİKAコーディネーターシップを訪問した。総領事アフメット・ギュルブズにヤルヅムエリ協会のバングラデシュの活動及びプレジェクトについて情報は伝えられた。

バングラデシュTİKAコーディネーターはアフメット・レフィック・チェチンカヤは訪問され、ヤルヅムエリが地域にあるプロジェクト特にダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエへの貢献及び援助のために感謝された。

分け合う: