スーダン孤児院コンプレックス

スーダンでは長年続行している国内戦争、飢餓、貧乏及び気候条件の否定的なことがあるのでやく百万維持なしの孤児の子供がいる。この子供達の精神的で肉体的な健康を破壊する様々な脅迫と危険がある。この脅迫の中に最も危険なのといえば、地域にある宣教師の事業である。

我がヤルヅムエリ協会は、戦争の安全ではない環境に暮らしている孤児子供の健康、食料必要性だけでなく精神の必要性にも答えることも重要であると信じている。人間の未来への投資は教育への投資であると言って、さらに住みよくて安全な環境の作ることを目標にして首都ハルツームに近くて21デカールの土地には、アカべ・孤児キュッリイエを建設することにした。そして1月2011年に定礎をし建設にはじめた。

たゆまぬ努力と労働によって8月2012年にトルコから先生ムスタファ・イスラムオール様ははじめ、我が協会のの会長はお医者さんサヅック・ダ二シマン、協会の他の係員達、スーダン大使、ハルツーム地域知事及び他の地域の関係者の参加で開通式は行われた。

2012年に65孤児子供と開通は行われたアカベ孤児キュッリイエは21デカールの土地で5500 m2の屋内がある大きいコンプレックスになっている特徴も持っている。毎年、初等教育の孤児子供とともにトータル400人の孤児にシェルタ、生存及び教育サービスを高校学校は終わるまでに提供する。

教室、学寮、食堂、図書館、宿泊所、キュッリイエの学生及び周りに住んでいる住民が利用できるモスクもある。