ソマリアマタニティ子供病院

国際連合が報告したレポートによって、世界では子供死亡が最も多い実現された国がソマリであることは明らかにされた。レポートでソマリでは5歳以下の子供中では死亡率が他の国よりもっと高くなったと発表された。レポートによって、去年ソマリで生まれた各1000人の赤ちゃんの中では180人の赤ちゃんは亡くなった。専門家は、国である飢餓及び疫病のせいで子供死亡がより高くなったと述べた。ソマリでは国人口の%70パーセント以上が安全な水を利用できないと言われた。死亡の原因は麻疹、肺炎及び下痢のように病気は引き起こされている。

ヤルヅムエリ協会として“子供は死亡順序を待たないように、母も死亡見張りを張り込まないように”の合言葉で出発し、アフリカの最大の小児・産院を建てた。健康的で幸せにそして安心な生活をすることは、ソマリ人の子供達及び兄弟の権利と言った。

“子供は死亡順序を待たないように、母も死亡見張りを張り込まないように”

ソマリ小児・産院は、モガディシュで古ゴミ集積場と廃棄物貯留場所になった27千平方メートルの土地に建設された。100つのベットがある小児・産院はでは救急隊、手術室、監視室、実験室、薬局、新生児治療室、集中治療室、モスク、会議場及びソマリではたびたび起こっている感染症の病気及び栄養問題の治療に向けた部分と1歳以上の子供のための療室、教育及び会議室、宿泊所がある。さらに病院で働くソマリ人の医療関係者もトルコでは教育される。

ソマリ小児・産院は、いるソマリ人の母が, “私は赤ちゃんをあるヘルスセンターへ連れていった。そしてあそこで治療させた。” と言える病院である。これはソマリ人の兄弟が世界人間から期待し値しているサービスである。我々はヤルヅムエリ協会としてソマリで“子供は死亡順序を待たないように、母も死亡見張りを張り込まないように”の合言葉で出発し、我が慈善者慈善な寄付した人から取った力および援助で小児・産院を建てた。

病院はソマリだけでなく東アフリカの最も現代的で最新な機器を使っている病院の一つである特徴を持っている。

ヤルヅムエリ協会は、エンサルとムハッジル姉妹及びウンマの意識で設立した心橋で慈善者の寄付を小児・産院はを建て、母及び子供健康と、子供死亡を最下に下げることに援助することである。ソマリでは子供達が飢餓及び伝染病で亡くなって、世界で目を開かない赤ちゃんが母の腹に亡くなった日が起こった2011年にソマリで子供は死亡順序、母も死亡見張りを持たないようにがんばっている''小児・産院''は現在地方の社会にサービスしている。子供達はもう死亡順序を持たないでしょう。

...僕は打っている各心臓をアラーのために好きた。必要がある各人にアラーのために走った。生きることはかく命の権利と言ったら。世界の最も重要な物を慈善者のおかげで優先に決定した。一歳になった赤ちゃんは私達の赤ちゃんであると言った。きれいで健康的なそして殺菌してある病院は、我がソマリ人の兄弟のも権利である。必要性をとしているものすべてに供給できる本病院は、若い世代のために希望になるでしょう。