孤児教育プロジェクト

お互いの保護者になっているイスラム教徒は、困難な時にこの保護者の義務を思い出、思い出させなければならない。イスラム地理では虐げられた人々、孤児子供がもう一度生執着するため、そして未来への希望を植えるのに、暮らしている社会にそれぞれよく育てられる人になるために、孤児教育プロジェクトで慈善に恒久的な値をづぜくこと。

トルコの81町、パレスチーナ、バルカン半島、シリア、ソマリ、スーダン、モリタ、パキシスタン、バングラデシュ、アラカン及びエチオピアの国々を範囲しているプロジェクトで、最初のステップではこの国、次の年と言えば、新しい国を追加して、2016年に2000人、そして3年にも3000人の孤児子供に援助する目標にしている。

孤児教育援助プロジェクのおかげで、教育条件と財力なし孤児子供が教育を受けることを支給する。孤児子供が自分達の国で、自分達の社会で知識のある人と知者になるのに援助するためのプロジェクトに、心友情の援助と祈りを待っておる。

イスラム地理では様々な国を範囲している我がのプロジェクトでは、別々の10人寄付者があるグループは、また別々の10人の孤児子供がいるグループを援助するつもりだ。そのおかげで我が寄付者は、一か月間の110トルコリラ寄付で、別々の10人の孤児に援助し、別々の10人の孤児子供から祈りを受けるでしょう。