バングラデシュの孤児院コンプレックス

バングラデシュは160ミリオンの人口で平方メートルの人数の最も国の一つである。国民の%88パーセントはイスラム教徒であるバングラデシュの生活水準及び所得水準はとても低い。

内国で公立学校では宗教教育はない。それに従って国の別々の地方に分布された多くの私立学校及び孤児院がある。

バングラデシュコックスバザールで3000平方メートルの敷地の1000平方メートルの上に建設されている四階のヤルヅムエリ・ダ―ルル・ヒクメ・キュッリイエの定礎式は協会の係の人及びバングラデシュ委員会の参加したことで2015年2月に行われた。アラカンに子供を優先にして、このキュッリイエでは寄宿として教育及びシエルターは供給され、教育された学生は小学校から大学までに続報し預かって援助される。

アラカンの子供に優先にして孤児から選ばれる。おまけに、国の政句及びエスニック句によってバングラデシュの孤児と貧乏な家族の子供に向にも奉仕される。キュッリイエは完成された後、1000人の学生が教育できる。

建設は継続されている我がキュッリイエのモスクの定礎は、本部及びキュッリイエの学生、地域住民、協会の係の人、バングラデシュ委員会の参加することで2016年2月に行われた。建設は完成した後、平方300メートルで3階平方550メートルになるモスクは、キュッリイエ及び地域住民は利用できる。

地下室は完成された日から教育している子供は読みにはじめた。今は建設は継続しつつあるとともに、教育も続行するべき。ヤルヅムエリとしてキュッリイエ建築をモスクとともに2016年末までに完成しようと目標にしておる。