エユップスルタン村

パキスタンは、2010年には世紀の最大の水害と直面した。カイバル、パッフツンワ、シンと、パンジャブ及びベルジシタン州に7月2010年末に豪雨のせいではじまった水害はインディアンス川の谷を重大に損害を与えた。パキスタンのやく1/5が水没した。パキスタン政府の情報によるとこの水害で約2000人はなくなった。20ミリオン人が直接に影響されたことの原因になった。

この災害のあと数千の死体及び136ビリオンドールの大損害を引き起こした。

ヤルヅムエリは、災害のニユースを受信したっ通りに、援助しはじめた。ヤルヅムエリは水害の被災者に食物、シェルター、医療サービス及びクリーンな飲み水を支給した。

ヤルヅムエリは彼らに援助して寂しい人間でないで、兄弟は彼らと一緒になったと感じさせた。我が隊員は災害後にもレハビリにも続行した。

エユップ・スルタン村の建設に決定されること

ヤルヅムエリはこの災害のあとに、チャルサダ地方に恒久的な援助になるのに、人間が福祉に生活できるモデルの村を建設することにした。

この目標は、貧乏な人に家を支給するだけでなくイスラムに適当で現代的な道義に頼っている暮らしを支給すうことだった。この村に我が預言者ムハンマド(SAV)様をマデイーナで最初に持て成した方聖者エブ・エユップ・エンサリの名称は付けられた。

エユップ・スルタンモデル村は首都イスラマバードで120キロメートルの遠さであるチャルサッダ地方に建設された。我の村の40デーカルの分野にトータルに40軒の家、さらにイスタンブールショッピングセンター、ヤルヅムエリ医療センター、ハミデイエクリーンな水道、ジヴィルツルプレイヤード、アカべ・ハサン・アリ・カシル小さな寺及び最も重要なのはチヤール小学校は建設された。

エブ・エユップ・エンサリモデル村の開通式は2014年4月11日金曜日にムスタファ・イスラムオール様、ヤルヅムエリ協会の会長はお医者さんサヅック・ダ二シマン、トルコ及びパキスタンからお客様の参加で実現された。

チヤール教育センター

村の教育必要性に応えるのに建てられた学校は、地域の教育カリキュラムに敵して教育することにはじめた。コンピューター実験室及び図書館もあるチヤール教育センターのコンピューター及び家具必要性はTİKAに支給された。教育センターの五年後経過にサービスするのは計画された。そして将来にこのプランによってセンターは発展させる。教育センターにはさらにトルコ語教育もされる。

ヤルヅムエリ医療センター

村の他の重要なセンターも、中には薬屋、救急隊部屋及び最も重要なのは産婦人科がある ヤルヅムエリ医療センターである。ある女の人の医者が継続的に働く医療センターの全備品はTİKAに支給された。

ハミデイエ・水道

エユップ・スルタンモデル村に建設されたもしかすると最も重要な業績はハミデイエ・水処理設備及び水道である。水によって引き起こされた重大な健康的な問題を保護し、村に暮らしている人々はこの水道の支給したクーリンな水で重大な健康問題から保護される。

イスタンブールの商店街

村人の毎日の暮らしに面した必要性にこたえるそして周りの所から持って貧乏な人に売られる製品が提供されるイスタンブールショッピングセンターは、村の他の重要なセンター、になるでしょう。

方聖者エブ・エユップ・エンサリ村に将来のプラン

計画されてもまだ未完成のユニットと言えば次のようである。孤児院、能力を上達するセンター、住民家、住民台所、動物のために羊小屋、馬小屋、清掃車及び分別収集車そして計画された51件の新しい住宅の建設するすること。