「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

同胞愛と支援の日

同胞愛と支援の日

同胞愛と支援の日

人道的支援の手を差し伸べるヤルズムエリ協会はラマダン月の間、善意の橋をかけ続けている。

ヤルズムエリ協会は81地域と11か国で集中的にラマダンプロジェクトを展開します。そこでは宗教や人種にかかわらず、またそこに助けが必要であろうがなかろうが私たちは行く。慈善家の提供による様々な支援で傷を癒する。

私たちはラマダン月の間、自然災害や飢えや貧困に悩む人たちと苦しみを分かち合う。私たちは国内外の何万人もの恵まれない家族や孤児たちに手を差し伸べる。

ヤルズムエリ協会は孤児に100リラを、貧困家族に60リラ商品券を、5リラを朝食断食に5リラを贈ります。

愛をもって私たちは後援者の支援を待っている。

  • 貧者へ調理済み料理を
  • 貧困家庭にフーズバスケットを
  • 孤児に衣服を、奪われた人にご馳走を

 

価値ある寄付の種類

私たちのゴールは寄付者と受益者との間に善意の橋渡しをすること。また、ザカート、フィツレやインファックのような寄付を届ける。

ヤルズムエリ協会は、食糧バンクや困窮者用衣服に関して、その寄付物を目で確認できる。

ヤルズムエリ協会は奉仕団体として認定されて、会社は協会に寄付することが可能ですし、経費として計上できる。

 

後援者は100リラで孤児たちにご馳走と衣服を与えることができる。

去年も今年も国内外で「支援はいかに自分が幸せかではなく、いかに他者を幸せにするか」をスローガンにしています。 寄付者の幸福は、彼らが食料や衣服を孤児に与える時に大きくなる。

ヤルズムエリ協会はトルコや世界の25,000人の孤児や恵まれない子供たちや困窮する子供たちに 100リラを与え衣服を提供し彼らを喜ばせることを 後援者と計画をしている。

 

寄付の近代的システム 商品券

ヤルはズムエリ協会は困窮者がスーパーマーケットで彼らが欲しいものを買えるようフードバスケットの代わりに商品券を供給している。 これは困窮者たちが食料や子供のおもちゃ等彼ら自身が欲しいものを直接買えるようにしている。

時間の制限で支払期限に間に合わない人々には、私たちは困窮者家族にフードバスケット分の60リラを確認している。

 

アナトリアの人々は世界中のラマダン断食明けの食卓を遂行する。

ヤルズムエリ協会のボランティアたちはこの断食明けの食卓に参加し寛容と喜びに従い困窮者と共に断食明けの食卓を共有している。

ヤルズムエリ協会は熱意と祝福で、フードバスケットの配給や孤児に衣服を与える計画そしてスーダン、ボスニア、アラカン、エチオピア、ガザ、エルサレム、とアスラムパドへの訪問計画を実行します。ラマダン最後の金曜日、私たちはパレスチナ人とアルアクサ・モスクでラマダン断食明けの食卓を組織する。

ガザの22,000人の孤児や恵まれない人たちは1日6時間の送電しかない。彼らは処置や医薬品の供給のない病院や爆撃された学校、へ勉強しに破壊された家々の間を通って歩く。私たちは彼らに寄り添い、肩を組んで、ラマダンやその支援の前に彼らに贈り物を届け。る

 

私たちはシリア難民を支持する。

ヤルズムエリ協会はこの神聖な月に戦争で国を追われたシリア難民を支持する。彼らはトルコ各地に溢れている。

フードバスケットを配給し、衣服や様々なおくりものを配給する。ヤルズムエリ協会は学生たちの間で4,200の贈り物を配給することに加え、犠牲者に寄り添う。

「同胞愛と支援の日」のスローガンで、寄付者の条件に応じてあらゆる支援と救助品をラマダン月の間に提供する。私たちは同胞たちに支援を提供し、あなたとあなたの同胞の間に善意の橋渡しを続ける。

分け合う: