「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

このラマダンでももっとたくさんの慈善心橋も造られた。

このラマダンでももっとたくさんの慈善心橋も造られた。

このラマダンでももっとたくさんの慈善心橋も造られた。

食糧準備は、ラマダンははじめる前にはじめた。

食糧準備は、ラマダンははじめる前にはじめた。できたことは、実現された所では、食糧を与えることの代わりに、食糧カードを届いた。届き続けている。この理由は、食糧カードが基本的な包みよりもっと多くの利点があったものだ。

ある家族はどんなことに必要があることそして、台所及び家にどんな物を見たい物をこの食糧カードで決める可能性がある。食物及び清掃用具ばかりでなく子供のために文房具もおもちゃも買われる。このことをトルコである広く知られている食品連作店で条約し支給た。

外国と言えば、これはトルコであるように簡単ではなかった。援助活動をしている様々な地域では買い物するマーケッさえも見つかりのも不可能だった。この理由で、食糧カードではないで、直接に食糧包みを届いた。包みの内容を決める時に、その国と住民の消費習慣を思いやった。

食糧カードあるいは包みを貧乏な人々に輸送している途中に彼らの目にある幸福を説明するのは難しくなっていた。感謝及びありがたいの感情が我が係員達とボランティアに何時なりと方向に向かった時に、実は相手は私達でないことを思い出し、思い出させるに動力した。なぜなら私達はこの慈善に橋ばかりだった。主感謝を侮辱しているのは、この基金のために自分の収入の一部分を喜んで被害者と分かち合う美徳である慈善家であった。

分け合う: