「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

今年のラマダンも同胞愛と支援で過ぎました。

今年のラマダンも同胞愛と支援で過ぎました。

今年のラマダンも同胞愛と支援で過ぎました。

ヤルズムエリ協会はラマダン月の間、25,000人の孤児に衣服を提供しました。また50人の貧しく恵まれない人にラマダンの断食明けの食卓をつくって   を組織し、ラマダンの10,000パッケージを配給した。

ヤルズムエリ協会はラマダン月の間、25,000人の孤児に衣服を提供しました。また50人の貧しく恵まれない人にラマダンの断食明けの食卓をつくって を組織し、ラマダンの10,000パッケージを配給した。

プロジェクト・コーディネーターのオスマン・エル・ハンはラマダン活動の会議を開いた。そこで彼は、応援者として、同胞愛の日と支援をスローガンを立てて困窮者を支え、彼らと肩を並べ、寄り添うことを実行する。又私たちは援助者と被援助者の間に関係して同胞愛の精神で懸け橋を渡する。

実際にこのアピールは多くの評価を得ました、ですから私たちは虐げられたホームレスや貧者そして孤児を1か国以上の国で支援してきた。トルコ国内で私たちは81地域と20の国々を支援してきた。

だから私たちは貧者と難民に彼らの悲惨さを共有し彼らの傷を癒すため、職員と挨拶を贈った。

それ以上にアラー の前に、協会はラマダン月の間、25,000人から50,000人の孤児たちに贈り物を配給した。又、困窮家族に10,000のラマダンパッケージ及びフィツレを配給した。

世界20か国の孤児たちに贈り物を届けてきた。そしてアドレナからカルスまでの子供たちに喜んでもらった。それに加えて、笑顔を描いて1,100人の孤児たちに贈り物を配給した。各支社では彼らが着たい服を選べるように、肩を並べて働き、シリアの子供たちに笑顔を浮かべた。

2007年のヤルズムエリ協会設立以来、パレスチナのガザ、スーダン、ソマリア、パキスタン、シリア、イラク、アラカンを含む世界中で支援を提供した。私たちはラマダン活動をそれらの国々で行いました。ラマダン月の間、略奪や殺人や血の涙の下に生活しているムスリムの国々の痛みを分かち、その悲劇を減らし傷の癒しになりました。彼らのラマダン断食明けの 食事に於いて、ホームレスや貧者とできるだけ共有しようと試み、私たちは彼らの心に希望を植え付けました。

分け合う: