「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

ヤルヅムエリは犠牲察では100万人を幸せにさせた。

ヤルヅムエリは犠牲察では100万人を幸せにさせた。

ヤルヅムエリは犠牲察では100万人を幸せにさせた。

ヤルヅムエリ協会のスタッフは世界35か国で生け贄の肉を配給した後トルコに戻った。

ヤルズムエリ協会は貧者に味方するために2015年の犠牲活動を始めた。寄付者の数は、去年と比べ増加しています。今年は私たちは世界中にいる100万人の貧者に生け贄の肉を⒦配給した。

生け贄の肉プロジェクトを展開した地域の一つであるパレスチナのガザ地区は何年も被害を被ってきました。また90年代に大虐殺があったアフリカから様々な国を追われたり、飢饉にみまわれたアフリカの諸国と同じく、バングラディッシュ、カンボジア、インドネシア、キューバ等の遠くの地域やトルコ国内の貧者にもプロジェクトを展開している。

ヤルズムエリ協会は世界5か国で思いやりと愛情を表してきた。

「お腹にも心にも食料を」を合言葉に国境を越えて多くの国で生け贄の肉の配給キャンペーンを立ち上げてきました。

私たちは地域の人々のニーズを分析し、特に健康と教育の分野で長期計画を実行している。

生け贄は全能の神として崇めることではなく、社会の団結の形です。

生け贄の肉の配給に加えて、トルコの人道的価値や文化を運び続けてきたし、他の土地の人との関係や友情を強め、コミュニケーションを増やしてきた。協会の其々の従業員やボランティアはアナトリアのトルコの人々からの挨拶や愛情を生け贄の肉の配給が行われた様々な地域へ届けた。

分け合う: