「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

五大陸でのヤルヅムエリの運動

五大陸でのヤルヅムエリの運動

五大陸でのヤルヅムエリの運動

ヤルヅムエリ協会は「生け贄は私たちと結合する」のスローガンのもと生け贄プロジェクトを実行したきた。

私たちは、困窮者たちの心に希望を与え、傷を癒し、悲しみを分かち合うという目標を持ち、食べ物だけでなくすべての困窮者の要求に応えた。

数か国における全従業員、ボランティアたちと善意の愛好者は生け贄プロジェクトに参加した。彼らの主目的は屠殺して食肉を分配することであり、私たちは困窮家族のために永続的な活動を実行することに貢献してきた。

また彼は言った。「私たちには多くのプロジェクトがあります、そしてあなた方は、私たちが教育上の、孤児の問題の、職業上のリハビリテーションセンターとしての本部や私たちが基礎を築いたほかのプロジェクトにアクセスすることができる。

2015年に、私たちは貧困や文盲が蔓延する国々で生け贄のプロジェクトを実行しました。しかしながら、このプロジェクトはアチェ州、カンボジアやキューバで集中的に行われた。

イラク、シリア、ヨルダン、レバノンなどのような流血の中東において何年もかけて生け贄のプロジェクトを行った。

 

 パレスチナ-ガザ

 

2006年以来、ヤルヅムエリ協会はガザに於いて全てのドアが閉められた家の劣悪な環境に長期間生きることを強いられている人々の支援を始めた。

私たちは当初、食糧、医薬品、医療器具そして緊急援助品を供給し、悪経済状況下の2000千人の住人を助けた。また、私たちはそこに住む人々に生け贄の食肉を配給した。それ以上に、私たちは彼らの苦痛を軽減する支援を提供することでガザの約2,000人の困窮家族を後援した。

私たちはシリアの難民に援助を差し伸べている。

私たちは困難な生活状況で暮らしている国々の人々の苦しみを共有し流血の痛みを減らしてきた。

5年以上前から支配的軍隊の陰におびえて生きるシリアの人々は戦争を目にした。犠牲祭はシャンルウルファ、ガズィアンテプ、キリスやハタイに移動を余儀なくされたシリアの困窮家族に贈り物を届けるために訪れるということを意味する。それに付け加え、議会によって創立されたたくさんの学校も訪問された。

私たちはイラクの難民や孤児を忘れることはない。

私たちはがイラク戦争で何年も家を離れている難民に生け贄の食肉を配給した。350万人の孤児たちはあなたたちの憐れみを必要としている。特に、モースル、アンバール、サラーフッディーン県,キルクークの地域において、私たちは困窮者に食肉を配給した。

ヨルダンとレバノン

ヤルヅムエリ協会は劣悪な経済環境に暮らすシリア、ヨルダン、レバノンやパレスチナ難民に食肉を配給した。

抑圧されたアフリカの地方。

ヤルヅムエリ協会はアフリカ大陸で多くのプロジェクトを幅広く実行した。特にスーダン、ソマリア、エチオピア、モーリタニアやタンザニアでは生け贄の食肉を配給した。そこでは私たちは私たちの同胞のために飲用井戸を掘った。

私たちはモーリタニアでイスラムオグル・シャイフと一緒でした。

パブリックワークの統括本部長であるサディク博士はモーリタニアにおける生け贄の大家族と同様イスラムオグル・シャイフも参加しました。イスラムオグル・シャイフは同胞の家族のために生け贄の食肉を配給しました、そして彼らの訪問もしました。

また、モーリタニアにおいて進行中のプロジェクトの調査を行った。

ソマリ

ソマリでは2016年の2月から3月にかけて、最新設備の婦人・小児科病院をオープンする。モガディシオでは計画を実行し飲用いどの掘削であったり、同胞愛であったり、乳山羊のような食糧であったり、孤児院であったり、眼科クリニックであったり、白内障教育センターのような援助を通じて貧乏人や困窮した人や孤児たちを支援します。そして私たちは生け贄の食肉を配給した。

2011年にはトルコの人々、特にトルコ協会はソマリアの家を失った人や困窮者に未来への希望を植える手伝いをした。

スーダン

スーダンでは、ヤルズムエリ協会はスタッフと共に、スーダンの様々な地域で生け贄のプロジェクトを行い、彼らの窮地を知った。私たちは孤児たちや貧乏な子供たちに色んな贈り物を届けた。

私たちは議会によってスーダンに設立された最大の孤児院と学校を同時に訪問した。そして孤児たちの顔に笑顔が戻った。

タンザニアとハベシスタン

タンザニアとハベシスタンではヤルヅムエリ協会は ナジヤシーと私たちの同胞の子孫たちに食料を配給した。そして、飲用井戸を開設して私たちが建てた学校を訪問しました。生け贄の食肉の配給は彼らの顔に幸せを浮かべさせた。

私たちの同胞国であるアフガニスタンやパキスタン

私たちの同胞国であるアフガニスタンやパキスタンでは、ヤルズムエリ協会はクルバン祭りの生け贄肉や困窮者家族に様々な援助をしてきた。

ヤルヅムエリ協会はパキスタンのエユップ・スルタン村へ食糧を送りました。また、村の学生たちに様々な贈り物をした。更にはパキスタンの職業リハビリテーションセンターも訪れたり、同胞家族を訪れて飲用井戸の開設を増進した。アフガニスタンでは特に1979年の戦争以降の貧困と無学という大変な悲劇があった。私たちは困窮者や孤児たちにクルバン祭りの生け贄の食肉を捧げた。私たちは飲用井戸を開設し協力や協同する方法について討議するため多くの研究所を訪れた。

苦しみにあえぐアラカン、バングラディシュ、ネパール

人々は皮膚を焼かれて人類的悲劇から彼らを防御する場所もありませんでした。ムスリムたちは野蛮に殺された。彼らはミャンマーからバングラディシュへ去ることを強いられました。私たちはアラカンに住む難民や我が同胞に生け贄の食肉を配りました。そして建設中の孤児院や学校を訪問しまし、教育支援や生け贄の食肉を与えた。イードはどれだけあなた方が幸せなのか、ということではなく、いかに他者を喜ばせるかということものだ。

私たちは前の地震で被害を受けたネパールの同胞へも生け贄の食肉を配給した。

バルカン諸国に犠牲察

ヤルヅムエリ協会のバルカン諸国における支援はブルガリア、ハンガリー、ボスニアーヘルツェゴビナ、アルバニア、マケドニア、コソボを訪れ困窮者に生け贄の食肉を提供した。

私たちはボスニアやヘルツェゴビナの同胞の家族を訪れ、教育支援も行いました。ドイツ、オーストリアやオランダからきた私たちのチームは避難家族に生け贄の食肉を配給した。

東トルキスタン(ウイグル)やエジプト

ヤルヅムエリ協会は不正義や殺人にさらされてエジプトや東トルキスタン流出した難民を忘れることはない。イスタンブールに滞在する私たちのエジプトやトルキスタン同胞に食糧を配給した。私たちは故郷から離れざるを得ない状況の同胞にご馳走を振る舞った。

キルギスタン、カザフスタン、アゼルバイジャンとモンゴル

ヤルヅムエリ協会とそのチームはこれらの国で食料を配給してきた。特にカザフスタンとキルギスタンに於いて、私たちはこれらの活動に参加した。そして、学生にトルコで教育を受ける勉学を案内した。

私たちは困窮の孤児たちや貧者の為に寄付をする、または私たちに彼らの為に犠牲になることを求める世界の後援者に対して心からの感謝を表する。

全てのクルバン祭りは後援者の代理として行われて、私たちは孤児たちや貧者や抑圧された人々に食料を配給した。

そして私たちはそれぞれのクルバン祭りの寄付者の名前が下記の節を見てわかるようにしている。

http://yardimeli.org.tr/Secure/giris.php

分け合う: