「救いの手」協会
00902125414800
yardimeli@yardimeli.org.tr

世界中の同胞たちを動員しよう。

世界中の同胞たちを動員しよう。

世界中の同胞たちを動員しよう。

ヤルヅムエリ協会はバシャックシェヒール・スラリ・ヴァデイシにおいて 私たちの同胞を動員するプログラムを組織していた。

ヤルヅムエリ協会はバシャックシェヒール・スラリ・ヴァデイシにおいて 私たちの同胞を動員するプログラムを組織していた。 ヤルズムエリ協会の女性ボランティアの多くはその活動に参加しアフガニスタンの困窮家庭への後援活動のための寄付を割り当てました。

セレモニーは公式活動のジェンネット・ハフィゾグル婦人の、後援者やボランティアに対する感謝の短い挨拶で始まった。その後、ヤシン・アイドガン氏が同胞たちに関してフジュラットスーレからいくつかの詩を読み上げた。短いハサン・ハフィソグルアンの間、クルドレチュァー氏はアフガニスタンの記録文書を作成するためにアフガニスタンへ訪問した。ヤルムヅエリ協会はアフガニスタンで成し遂げた活動について説明した。また、アフガニスタンの貧者や孤児たちを支援すると表明した。

大多数の参加者に対して、サディク博士は紛争地域であり、自然大災害地域であるアフガニスタンについて語った。そして、彼は活動によって救われるべき難民に関わると宣言した。また、彼は毎日8億の家族が飢えたまま眠っていること、また貧者、困窮者、孤児である4億の孤児やホームレスについて強調した。彼は世界の戦争について付け加えた、特にムスリム諸国での多くの貧者、ホームレスや孤児が増加していることやムスリム諸国の犠牲者について強調した。

世界の孤児や貧者や困窮者やホームレスと肩を寄せ合う責任から、「冬が来た!寒さから彼らを守ろう」プロジェクトにおいて私たちは活動者に感謝しました。私たちはプロジェクトを確認したバサクセリンでの女性たちやボランティアたちに感謝しました。

公正発展党の女性たちは支援活動に参加した。女性たちのグループリーダーはイヴェット・ポラット婦人は演説を行い、困窮者の支援の重要性を説した。又、彼女はそれが人道上の義務であり誰もが困窮者を援助する必要を確認した。そして国際ヤルズムエリ協会に世界中の国々や我が国での活動に対して感謝した。

分け合う: